コミックナタリー

高橋留美子の読み切りがサンデーに!Webで犬夜叉&境界のRINNEのネームも

5016

本日3月22日発売の週刊少年サンデー17号と、3月25日発売のサンデーS5月号(いずれも小学館)では、高橋留美子の特集が展開される。

「境界のRINNE」35巻の発行をもって、自身の単行本が全世界累計発行部数2億冊を突破した高橋。これを記念し、週刊少年サンデーには新作読み切り「千年の無心」が2号連続で掲載される。また29名の作家によるイラスト企画も展開。あだち充はラムちゃん、青山剛昌は響子さんなど、それぞれの作家がイラストを寄稿している。そのほか高橋が仕事場で使用しているアイテムのプレゼント企画や、「特製大判トランプ(ヒーロー編)」の応募者全員サービスも実施。サンデーS5月号には「特製大判トランプ(ヒロイン編)」の応募者全員サービスのほか、デビュー作であり「うる星やつら」の原案ともなった「勝手なやつら」の“完全再現掲載”が行われる。

また小学館のWebサイト・サンデーうぇぶりでは、「犬夜叉」の最終話と「境界のRINNE」の第1話の直筆ネームが公開された。気になる人は一読してみよう。

コミックナタリーをフォロー