コミックナタリー

「無限の住人」プレミア上映、福士蒼汰「木村さんの万次に引っ張ってもらった」

1278

「無限の住人」ジャパンプレミアにて、左から満島真之介、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、三池崇史監督。

「無限の住人」ジャパンプレミアにて、左から満島真之介、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、三池崇史監督。

沙村広明原作の実写映画「無限の住人」のジャパンプレミアが、本日4月19日に東京・東京国際フォーラムで行われた。

舞台挨拶には万次役の木村拓哉、凜役の杉咲花、天津影久役の福士蒼汰、尸良役の市原隼人、乙橘槇絵役の戸田恵梨香、凶戴斗役の満島真之介三池崇史監督が登壇した。撮影や舞台挨拶のキャンペーンを経て仲を深め、万次と凜のような関係を築けたという木村と杉咲。木村は杉咲の腕を取って登場し、「自然に彼女をエスコートできる自分がいること、そしてふっと腕を通してくれる杉咲さんがいることをうれしく思います」と語った。

一方の杉咲は、ファンに対する木村の姿勢に感銘を受けたと報告。「キャンペーンではたくさんの方に来ていただき、劇場に入れないお客さんがいた日もあって。それを聞きつけた木村さんの提案で、皆さんに直接お礼を伝える場を設けてもらったこともありました」と話す。また逸刀流の統主・天津を演じた福士も、万次と剣を交えるシーンでは木村の影響を受けた言う。「天津としても自分としても、木村さんの万次に引っ張ってもらったという思いがあります」と木村との撮影を振り返った。

非道で残虐な剣士・尸良という難しい役柄に挑んだ市原は、役作りについて聞かれると「ハイエナが生きたまま動物を捕食する動画を毎日観ていました」と告白し、観客を驚かせる。すると凶戴斗役の満島は「僕は動物のエグい動画じゃなくて、木村さんの写真を(携帯電話の)待ち受け画面にして撮影に臨んでいました!」とコメントし、木村を笑わせていた。また女剣士・乙橘槇絵役の戸田は「あるシーンで槇絵の一生を語るセリフがあり、どうやって成立させるかが難しかったです」と話す。

最後の挨拶で木村は「要所要所で目を覆いたくなる瞬間も多々あると思います。ですが、最後までスクリーンとつながっていてくれたらうれしいと思います。最後の最後まで、全身で受け取ってください」と本作への思いを語り、イベントを締めくくっった。映画「無限の住人」は4月29日より全国ロードショー。

(c)2017映画「無限の住人」製作委員会

コミックナタリーをフォロー