コミックナタリー

萩尾望都、宝塚版「ポーの一族」に感激で言葉失う「この世のものとは思えない」

2570

左から柚香光、小池修一郎、宝塚歌劇団理事長の小川友次、萩尾望都、明日海りお、仙名彩世。

左から柚香光、小池修一郎、宝塚歌劇団理事長の小川友次、萩尾望都、明日海りお、仙名彩世。

萩尾望都原作による舞台「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」の制作発表会が、本日11月16日に都内にて行われ、エドガー・ポーツネル役の明日海りお、シーラ・ポーツネル男爵夫人役の仙名彩世、アラン・トワイライト役の柚香光、脚本・演出を手掛けた小池修一郎、萩尾が登壇した。

制作発表会では、まず始めに明日海、仙名、柚香により、劇中の世界観を垣間見せるパフォーマンスが2曲披露される。その様子を観ていた萩尾は「この世のものとは思えないものを観て、頭がどっかにいってしまいました……(笑)。なんと言っていいのかわかりません……」と感激しきりの様子。エドガーに扮する明日海が隣に座っていることについて「心臓がバクバク……」と照れくさそうに顔を伏せる場面も見せながら、「私のイメージを超えた美しい世界が目の前に広がるのが予感できて、今からドキドキワクワクしております」と、改めて舞台化に期待を寄せた。

エドガー役の明日海は「エドガーの存在すべてに魅力を感じています。先生の描かれる表情。目の寂しさであったり、結んだ口の薄そうなところだったり、後頭部に感じるオーラ、立っているときの背骨のラインとか。少年なのにセクシーでもありすごく惹きつけられるものがある」とキャラクターの魅力を述懐。「それをどう佇まいで表現したらいいものかと困っているところですが、エドガーの持つ独特の葛藤が表現できたらいいなと思います」と意気込みを語った。

また柚香は「本当にたくさんの方に愛されて大事にされてきている作品ですので、誠意を持って、宝塚のファンにも、作品のファンの方にも喜んでいただける作品作りができたら。心を込めて役に向き合っていきます」と、仙名は「小池先生の作品への愛と夢が詰まったその思いを受けて、私たちもこの作品の中で役として息づけるように責任を感じています。大切に大切に作り上げていきたいです」とそれぞれ挨拶した。

「ポーの一族」舞台化を約30年の間、夢見てきたという小池。一方の萩尾は「小池先生の作品は『蒼いくちづけ』『華麗なるギャツビー』を拝見して、どちらも私好みの作品で素晴らしいセンスでした。先生ならいつでも舞台化OKですよと言っていたのですが、こんなに待たされたという話でございます(笑)」と冗談交じりに振り返る。小池はポスター撮影時の様子を思い返しながら、「明日海の扮装を見たスタッフが『何十年も待った甲斐がありましたね』と言ってくれて、僕もすごくそう思いました。彼女がやるときのために、運命の神はそれまでやらない状況を作られたのかなと思った次第です」と、明日海が演じるエドガーへの手応えを明かした。

なお今回の舞台では原作の「メリーベルと銀のばら」のエピソードをメインに展開され、年齢設定は明確化されない。初の舞台化にあたりさまざまな意見をもらったと言う小池は、「いただいたお手紙の中に『原作の設定を変えるのは、例え萩尾望都が許しても私が許しません』という熱烈なファンの方からのものもありました。それぞれの『ポーの一族』があると思うし、すべての方の期待通りにはならないかもしれない」と前置きしながら、「ただ、今は私たちで、花組でできるベストの作品を作りたい」と作品に込めた思いを語った。

またエドガーの妹、メリーベルの扱いについて、「必ずしもメリーベルがヒロインという形でなくても成立すると思い、宝塚娘役のキャリアのある人間にとってやりがいのある役という点で、仙名はシーラを演じます。宝塚版では仙名の役者としての魅力を生かしていくほうが大事だと思った。それぞれの組のメンバーと合わせていく、それが宝塚と作品の設定かと思う。そういった調整にさまざまなご意見が出ると思いますが、より“宝塚”の舞台で生かすための算段だと思っていただければ」と観客にメッセージを送った。

「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」は2018年1月1日から2月5日まで兵庫・宝塚大劇場、2月16日から3月25日まで東京・東京宝塚劇場にて上演。兵庫公演のチケットは12月2日、東京公演のチケットは2018年1月14日に一般発売が開始される。

ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」花組公演

原作:萩尾望都
脚本・演出:小池修一郎
主演:明日海りお仙名彩世柚香光ほか

宝塚大劇場

日程:2018年1月1日(月)~2月5日(月)

東京宝塚劇場

日程:2018年2月16日(金)~3月25日(日)

コミックナタリーをフォロー