コミックナタリー

MISIAが「鋼の錬金術師」の世界に現れたら?主題歌MVで錬金術を披露

398

実写映画「鋼の錬金術師」のMISIAによる主題歌「君のそばにいるよ」のミュージックビデオが公開された。

映画と同じく曽利文彦が監督を務めた今回のMVでは、MISIAがフルCGのアルと共演。またCG技術を駆使し、MISIAが錬金術を披露する姿などが収められた。曽利監督は「MISIAさんという新しいキャラクターが映画『鋼の錬金術師』の世界に現れたら、というコンセプトでこのビデオクリップを撮りました」と語った。

「君のそばにいるよ」は11月29日にリリース。また荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」は12月1日に全国公開される。

なおナタリーでは実写映画化を記念し、「鋼の錬金術師」をさまざまな角度から紐解く特集を展開。コミックナタリーでは原作者の荒川へのインタビューを公開している。「展開がわかっていても思わずグッと来た」という映画の見どころはもちろん、原作への熱い思いを持つファンに対してメッセージを寄せてもらった。

※特集記事へはこちらから!
映画「鋼の錬金術師」特集 荒川弘インタビュー (1/2) - コミックナタリー 特集・インタビューPR

曽利文彦監督コメント

MISIAさんという新しいキャラクターが映画「鋼の錬金術師」の世界に現れたら、というコンセプトでこのビデオクリップを撮りました。撮影は、映画本編の撮影終了後、1年以上経って行われました。映画本編において、背景がすべてCGでできているシーンなどを利用することにより、時空を超えてMISIAさんと映画「鋼の錬金術師」の完全なコラボレーション映像が実現しました。MISIAさんはすごく神秘的な人なので、どんな方なのかお会いするのが楽しみでした。撮影をしてみるととても表現力が豊かで本当の女優さんのようでした。

映画「鋼の錬金術師」

2017年12月1日(金)全国ロードショー

スタッフ

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

キャスト

エド:山田涼介
ウィンリィ:本田翼
マスタング:ディーン・フジオカ
ホークアイ:蓮佛美沙子
エンヴィー:本郷奏多
マルコー:國村隼
コーネロ:石丸謙二郎
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
グラトニー:内山信二
ロス:夏菜
タッカー:大泉洋(特別出演)
マース・ヒューズ:佐藤隆太
ハクロ:小日向文世
ラスト:松雪泰子

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

コミックナタリーをフォロー