コミックナタリー

「艶漢」新作で叶えたい櫻井圭登の“バァーン!”に、末原拓馬&三上俊「俺らの手で」

338

舞台「歌謡倶楽部『艶漢』第二幕」の制作発表より。左から三上俊、櫻井圭登、末原拓馬。

舞台「歌謡倶楽部『艶漢』第二幕」の制作発表より。左から三上俊、櫻井圭登、末原拓馬。

尚月地原作によるエンターテインメントショー「歌謡倶楽部『艶漢』第二幕」の制作発表が、本日11月23日に東京・アニメイトAKIBAガールズステーションにて開催された。

イベントには吉原詩郎役の櫻井圭登、山田光路郎役の末原拓馬、吉原安里役の三上俊が登壇。まず司会から本作の制作決定について率直な心境を聞かれると、櫻井は「ドキドキですね! 『歌謡倶楽部』は結構トリッキーな作品なので、次はどんなアプローチをしてくるのか楽しみです」と顔をほころばせる。末原は「(初演の)『歌謡倶楽部』ではお祭りのようにしましょうと(テーマを)掲げていて、『浪漫活劇譚』と比べると”打ち上げ花火感”があったんです。打ち上げ花火なので飛んだら消えていくものだと思ってたんですが、まさかまた帰ってくるとは」と感慨深げにコメント。露出の激しい衣装で毎度セクシーな姿を披露している三上は、「いつまで食べ物を我慢すればいいのか……(笑)」と会場の笑いを誘った。

ここで「本作で挑戦してみたいことは?」と質問された一同。櫻井は「これ、夢なんですけど……」と前置きしながら「下からバァーン!!みたいな。めっちゃやってみたくて!」とポップアップでの登場を希望する。「劇場によっては無理な可能性もあると思うんですよ」とこぼすと、すかさず三上と末原が「最悪もう、俺の手でやってくれ」「俺らががんばる」とフォロー。また三上は「今度こそ、最後までストリップをやりたいなと思ってます。(初演では)詩郎に止められたんでね」と回答し、劇場の東京キネマ倶楽部がかつてキャバレーだったということで「劇場の雰囲気を生かした何かをやってみたいと思います。ポールダンスとかもやりたいですね」という意気込みも語った。

終盤、「艶漢」の魅力について末原は「見た目の美しさが『艶漢』ならでは(の魅力)と言われることが多いんですが、僕は心の描かれ方だと思います。原作だと人の生き死にがかかわっているので、登場人物が多感で感情の振れ幅が大きいんです」と言及。三上も「『艶漢』では人間の醜さや愚かさが描かれていますが、そこに美しさがあるなと感じていて……。人間の本質を考えさせられる作品だと思います」と述べる。櫻井は「光路郎と安里、それぞれに対する詩郎の愛情って全然違うんです。さまざまな愛があるんだなあと『艶漢』を通して知れました。これからもたくさんの愛を『艶漢』とともに知っていきたいです」とにこやかに答え、イベントは幕を閉じた。

ウィングス(新書館)にて連載中の「艶漢」は、妖艶な傘職人・詩郎と熱血正義漢の巡査・光路郎を中心に、美麗な筆致で描かれるアンダーグラウンド事件簿。2016年に舞台「浪漫活劇譚『艶漢』」が上演され、同年8月には芝居と音楽、ジャグリングや詩吟などのパフォーマンスを織り交ぜた「歌謡倶楽部『艶漢』」が披露された。さらに今年12月には「浪漫活劇譚『艶漢』第二夜」の公演を実施。「歌謡倶楽部『艶漢』第二幕」は、2018年4月11日から15日にかけて東京・東京キネマ倶楽部にて上演される。

歌謡倶楽部「艶漢」第二幕

日程:2018年4月11日(水)~15日(日)
会場:東京キネマ倶楽部

スタッフ

原作:尚月地「艶漢」/ウィングス連載中(新書館)
脚本・演出:伊勢直弘
振付:當間里美
楽曲制作:大石憲一郎
企画・制作:CLIE

キャスト

吉原詩郎:櫻井圭登
山田光路郎:末原拓馬(おぼんろ)
吉原安里:三上俊
六口:田上真里奈

(c)尚月地/新書館 (c)尚月地/幻灯署活劇支部

コミックナタリーをフォロー