映画ナタリー

「銀魂-ミツバ篇-」吉沢亮&北乃きい、「一番カッコいいのは土方十四郎」

1768

左から北乃きい、吉沢亮。

左から北乃きい、吉沢亮。

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」より、キャストの吉沢亮北乃きいのコメントが到着した。

原作となる空知英秋のマンガ「銀魂」は、パラレルワールドの江戸を舞台に、主人公の万事屋・坂田銀時の活躍を描くアクションエンタテインメント。現在公開中の実写映画「銀魂」と同じく、ドラマ版には銀時役で小栗旬、近藤勲役で中村勘九郎、土方十四郎役で柳楽優弥、沖田総悟役で吉沢が出演する。またドラマオリジナルキャストとして、北乃が沖田の姉・ミツバ役を務めた。

「銀魂-ミツバ篇-」では、ミツバと土方の悲恋が描かれる。本作のイチオシのポイントについて北乃は「私は柳楽さん演じる土方がカッコいいと思います。クールだけど、好きになった女性の幸せを一番に願うシーンがいいなって」とアピール。それを受けて吉沢も「劇場版『銀魂』でもこのドラマでも、土方が一番カッコいいし男前ですよね」と賛同する。しかし「もし次に演じるなら土方がいいか?」という質問には「もうちょっと歳を重ねてからですかね(笑)」と答えた。

映画と同じく福田雄一が監督を務めた本作。撮影での裏話を、吉沢は「喫茶店のシーンで僕が『坂田くんじゃないかー』って言うときに、間違えて『沖田くんじゃないかー』と言ってしまって。僕が日和って『あ、すいません、沖田くんは僕でしたー』って言ったら、監督に『今の続けたほうが面白いよ』って言われたんです(笑)。あれはけっこう怖い瞬間でした。監督が怒ってる感じでもなく、わりと冷たい感じだったので(笑)」と振り返る。北乃が「監督は起きたことをすべて生かして、素材にしていきますよね! 普通だとNGのところだけど『使われてる!』って!」と言うと、吉沢も「気付いたら本気で笑ってる顔とかが入ってたりするので、それはちょっと怖いです!」と話した。

視聴者へ向けて、吉沢は「ミツバ篇は(原作でも)本当に泣けますし、物語が非常にしっかりしているので、オリジナルドラマはもう少し長くてもいいくらいものすごく濃密な時間になっていると思います。ストーリー自体をもちろん楽しんでいただきつつ、劇場版にはなかった沖田の本気の殺陣を観てほしいです!」とメッセージを送る。北乃も「『銀魂』ならではのユーモアと、普段あまりない切なさがたくさん詰まっているので、そこに注目してほしいです」と語った。

「銀魂-ミツバ篇-」は、本日7月15日よりdTVにて配信中。

映画ナタリーをフォロー