映画ナタリー

「ユーリ!!! on ICE」夏祭り!朗読劇で勇利が闇堕ち、クリスはふんどし姿に

1884

「ユーリ!!! on FESTIVAL」朗読劇の様子。

「ユーリ!!! on FESTIVAL」朗読劇の様子。

完全新作となる劇場版の製作が決まっているアニメ「ユーリ!!! on ICE」のイベントが、7月16日に千葉・幕張メッセにて開催。勝生勇利役の豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一、ユリオことユーリ・プリセツキー役の内山昂輝ら10名が登壇した。

「ユーリ!!! on FESTIVAL 幕張メッセ~第12.1滑走 超超超超がんばらんば!ふんどしだょ!!シーズン直前!!!長谷津くんちスペシャル!!!!~」と銘打たれた本イベント。豊永らのほかには、ギオルギー・ポポーヴィッチ役の羽多野渉、ジ・グァンホン役の本城雄太郎、レオ・デ・ラ・イグレシア役の土岐隼一、エミル・ネコラ役の日野聡、クリスことクリストフ・ジャコメッティ役の安元洋貴、ミッキーことミケーレ・クリスピーノ役の前野智昭、原案・ネーム・キャラクター原案を務めた久保ミツロウが参加した。

「大人のエロスは僕の専売特許だよ」「俺をがっかりさせんな!」と、キャストたちは自身が演じたキャラクターのセリフを口にしながらステージに現れて観客を沸かせた。豊永は「ひと夏の思い出作りましょう!」とファンに語りかけ、諏訪部は「アメージング!」と叫ぶ。走って登場した久保は「異次元へ連れていくというのが若干の裏テーマになっています。方向性間違ってない?と皆さんが不安になる前に言っておきます」と挨拶し、豊永に「僕らがやる前にハードル上げるのやめてもらえます?」とツッコまれていた。

そして3部構成の朗読劇の前編がスタート。これは4月に行われたイベントで披露された朗読の翌日を描くもので、“長谷津くんち”という祭りに出かけるスケーターたちの姿が切り取られた。曳山を目にしたユリオが「『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のイモータン・ジョー軍団みたいなのが来たぞ! マジカッケェ!」と声を弾ませ、クリスが“ジャパニーズトラディショナルTバック”と表現するふんどしを身に付けて曳山に乗る一幕も。前編の朗読終了後には、久保が「皆さん受け止めきれてますか? このあともまだまだふんどしでいきます!」と客席を見渡した。

続いて「長谷津くんち王決定戦!」と銘打ったゲームコーナーに移行した。キャストがチーム勇利、チームヴィクトルに分かれ曳山に乗って5つのチャレンジを行う対抗戦で、勝利チームには佐賀牛10万円分が贈呈されることに。これには普段冷静な内山も「がんばりましょう!」と興奮した様子を見せ、それを受けて豊永は「ユリオくんのテンションが上がったのでがんばれると思います」と意気込んだ。

同コーナーでは「イカ大王」「長谷津くんちの碑」という回答が飛び出した“長谷津マニアッククイズ”、会場に1人だけ当てはまりそうな条件を考える“目指せ!ユーリ!!! on FESTIVAL分の1”、巨大バルーンのリレーをする“ヨーヨー送り”、チーム勇利・日野が素手でちぎることで美しく型を抜いてみせた“ただの型抜き”とチャレンジが重ねられ、最後の対決はバズーカで会場内の風船を撃ち抜く“ビッグ射的”。風船のひもにヒットさせた豊永は「ひもに当てるほうが難しいですよ!」と、諏訪部は「うちのチームは地道にコツコツ当てていきましたよ」とアピールする。観客からの拍手の大きさをジャッジの基準にした結果、チーム勇利の勝利が決定し、終始肉への熱い思いがあふれていた内山は「ゴネ得でした」と言いながらもこの日一番の笑顔を見せ、賞品の代わりに肉が描かれたボードを久保から受け取った。また、負けたチームヴィクトル・諏訪部が「20万円分の肉食わせてやるよ」とメンバーに声をかけると、会場は割れんばかりの拍手と歓声で満たされる。

朗読劇の中編では、ギオルギーが「ギオルギー心の俳句」とつぶやくたびに笑いが起き、グァンホンとレオは「タツキ・マチダのエキシ、最高だったなー」と実在のスケーターの演技を例に挙げ和風プログラムへの憧れを口にしてファンを和ませる。9月23日よりテレビシリーズの4DX版上映が行われることが明かされた際には、諏訪部は「クリスが出てくると座席がびしょびしょになるの!?」と驚きの声を上げ、安元は「マッカチンの鼻息がすごいでしょ」と、豊永は「マッカチンのちょっとした獣臭とかかぎたい。ポポちゃんの『私は悪い魔女!』のところで座席がグン!ってなってほしい」と期待を膨らませた。

イベント終盤には、「ユーリ!!! on ICE」のファンであるロシアのフィギュアスケート選手エフゲニア・メドベージェワからのビデオメッセージが上映された。メドベージェワは「戦いとはどういうものかを見せてくれる作品」と同作を評し、好きなキャラクターにヴィクトルを選んで「自分とソウルが似ている」と述べる。さらにキャスト全員が参加した朗読劇の後編は、勇利がダークサイドに堕ちかける描写やふんどしがブラックホールに吸い込まれそうになる場面、ミッキーとエミルの合体シーン、ギオルギーのポエムを使用した楽曲「カツキくんち」の歌唱など怒涛の展開を経て、最後は勇利の「みんなー! 長谷津くんち、エンジョイせんね!」という言葉で終了した。

テレビシリーズのオープニング曲「History Maker」を歌うDEAN FUJIOKAの「オープニングのアニメーションを観たときに、輪廓からスタートしていって、色が豊かになっていくという変化が自分の音楽とすごくシンクロしていると思いました」というコメント映像のあとは、羽多野によるエンディング曲「You Only Live Once」のパフォーマンスも。エンディングには豊永が「これからもお酒が入るとやらかしちゃったり油断するとお腹がポコッと出ちゃう勇利くんや、各国の選手を愛していただけたらうれしいです」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

映画ナタリーをフォロー