映画ナタリー

焼肉忘れちゃったんすか!?窪田正孝に鈴木伸之が約束迫る「東京喰種」舞台挨拶

937

「東京喰種 トーキョーグール」舞台挨拶の様子。左から窪田正孝、鈴木伸之。

「東京喰種 トーキョーグール」舞台挨拶の様子。左から窪田正孝、鈴木伸之。

東京喰種 トーキョーグール」の舞台挨拶が本日8月18日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、主人公カネキ役の窪田正孝、亜門鋼太郎役の鈴木伸之劇団EXILE)が登壇した。

公開から20日経ち、これまで行われた舞台挨拶などで「LINEを交換した」「今度焼肉に行こう」といった話を観客の前で披露してきた2人。鈴木は挨拶を終えると、「この間テレビを観ていたら窪田さんのライブ映像が流れたんですよ!」と斬り込み、「一向に誘ってこないのに、ライブやってんじゃん!って思って」と、窪田が主演する現在放送中のテレビドラマ「僕たちがやりました」のライブイベントで、窪田が共演者たちや主題歌を歌うDISH//とコラボパフォーマンスしていたことに触れる。「窪田さん、俺と焼肉、忘れちゃったんすか!? 窪田さん!!」と嘆く鈴木を、窪田は「何をおっしゃいますか。それじゃただの嘘つき野郎じゃないですか!」と余裕たっぷりに一笑。

鈴木が「俺、誕生日も祝ったのになあ。LINE光らないなあって……」と落ち込む姿を見て、窪田は「今いろいろお仕事させていただいてましてね」と弁解し、「明日から『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』というのも公開されますんでね。『東京喰種 トーキョーグール』を観たあとにぜひそちらも!」と2人が出演している他作品を挙げてその場をしのぐ。そして「口約束には絶対しないです!」ときっぱり宣言したと思いきや、「……何年後かになるかもしれないけど(笑)」とぽつり。窪田は「嘘嘘!」と自身の発言を撤回しながら、鈴木を励ました。

さらに鈴木が「窪田さん、次もまた何か一緒に出させてくれないかなって……。それぐらい窪田さんのことが好きになっちゃったんですよ!」とめげずに迫ると、「いやいやいや」と照れる窪田。「役者としても尊敬していますし、お芝居じゃない現場でも素敵な先輩です」という鈴木から自分への称賛を聞き、窪田は「あとは焼肉に連れてったら100点満点ですね! 今度いきなりLINEスタンプ送りつけるね」と今度こそ本当に約束していた。

1年ほど前に行われたクライマックスのバトルシーンの撮影の話が飛び出すと、窪田は「昼夜逆転になっちゃった。夜しか撮れないから。喰種だから!」と振り返り、鈴木は「思い入れの一番強いシーンですね」と一言。窪田はカネキのマスクを装着して撮影する苦労も明かし、「口が開いたマスクになってからようやく息できるようになった!」と話す。鈴木も喰種捜査官の武器クインケが巨大で重かったと回想しつつ、「(同じく喰種捜査官役の)大泉洋さんのクインケは手に持つ部分だけで、ほかはCGだったのに『あー重かったわー』っていつも言っていたんですよ!」とぼやき、観客の笑いを誘った。

本日のイベントは“お客様に大感謝DAY!舞台挨拶”と名付けられたもの。窪田と鈴木が抽選で当てた座席の人たちは2人に本作の好きなシーンを伝え、それと引き換えにプレゼントが進呈された。

石田スイのマンガを萩原健太郎が実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。現在全国の劇場で公開中だ。

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー