映画ナタリー

「トリガール!」土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙がエアロバイクで記録に挑戦

1900

「トリガール!」イベントの様子。

「トリガール!」イベントの様子。

トリガール!」のイベントが本日8月20日に東京・芝浦工業大学の豊洲キャンパスで行われ、キャストの土屋太鳳間宮祥太朗高杉真宙が出席した。

英勉が監督を務めた「トリガール!」は、「鳥人間コンテスト」にすべてを懸ける大学生たちの恋や友情を描く青春ラブコメディ。本日のイベントには、芝浦工業大学のサークルTeam Birdman Trialのメンバーも参加し、土屋、間宮、高杉とトークを繰り広げた。

「鳥人間コンテスト2016」を実際に見に行ったという土屋は「番組だと時間の都合上飛んでから着水するまでしか見ることができないんですが、実際に行かせていただいたことで、着水したあと精魂込めて作った機体を皆さんがどういう表情で引いているのかを見ることができて」と回想。その体験は自身の演技にも影響を与えたようで、「皆さんの気持ちを自分が演技で表現しなければいけないと思ったら、身が引き締まりました」と語った。

続いて、スクリーンに同作のメイキング映像が映し出される。自転車で道路を疾走したシーンを観ながら土屋は「祥太朗くんが本当に速くて。(自身が演じた)ゆきなとしても土屋太鳳としても本気で追いかけていました」と説明。間宮が「とにかく風がすごかったよね」と撮影を振り返ると、高杉は「拡声器を使わずに、大声を出して意思疎通してたよね」とにこやかに述べた。

ここで、Team Birdman Trialが「鳥人間コンテスト2008」で達成した3044mという記録に、土屋、間宮、高杉の3人がエアロバイクを使って挑戦することに。間宮が「真宙が3km分漕いでくれてもいいんですよね?」とニヤリと笑うと、高杉は「そんなことできたら引きこもりになってないですよ」と話し、観客を沸かせた。まずは高杉がエアロバイクに乗り、間宮、土屋とバトンをつないでいく。結果は2800mと惜しくも目標には届かなかったが、力いっぱい臨んだ3人に、集まったファンから拍手が送られた。

最後に土屋はTeam Birdman Trialに対する感謝と尊敬の気持ちを明かしたあと、映画について「観た人が心に翼を感じていただける作品になりました。ゆきなちゃんと一緒に、皆さんも『トリガール!』の世界で飛んでください」と力強く語った。

「トリガール!」は9月1日より全国ロードショー。

(c)2017映画「トリガール!」製作委員会

映画ナタリーをフォロー