映画ナタリー

鈴木卓爾が深田晃司ら挑戦者の短編から「ワンピース」の可能性を再認識

158

「ワンピース・チャレンジ!」上映後の記念写真。前段左から鈴木卓爾、矢口史靖。中段左から黒川幸則、吉田光希、井坂優介、今泉力哉。上段左から松野泉、深田晃司。

「ワンピース・チャレンジ!」上映後の記念写真。前段左から鈴木卓爾、矢口史靖。中段左から黒川幸則、吉田光希、井坂優介、今泉力哉。上段左から松野泉、深田晃司。

「ワンピース・チャレンジ!」と銘打たれた上映企画が、東京・東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中の第39回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)にて9月24日に実施された。

これは鈴木卓爾矢口史靖が固定カメラ、編集なし、アフレコなしというルールのもと作成してきた短編シリーズ「ONE PIECE」に7名の監督が挑戦したもの。「ONE PIECE」に初チャレンジした吉田光希黒川幸則、井坂優介、今泉力哉松野泉深田晃司、三宅唱の監督作、鈴木と矢口の過去作、鈴木の新作などが上映された。

トークショーには鈴木、矢口、吉田、黒川、井坂、今泉、松野、深田が参加。参加監督の選出や上映順の決定を行った鈴木は「6月か7月に思い付いた順で声をかけさせてもらったんですが、『やりません』と言う人はいませんでした」と話す。矢口は「『ルールを守れば何やってもいいんじゃね?』というような考えで作ってもらえたのがよかった。僕ら2人は体で覚えてしまっている部分があるけど、もっといろいろできるということを教えてもらった」と、チャレンジャーたちの作品から刺激を受けたことを明かした。

ハードコアパンクバンド・core of bellsの山形育弘が脚本を手がけた「The River Squawk」を監督した黒川は、「奥行きや縦横の動きを取り入れた作品が多く提出されると思い、そうではないものを作ろうとした」と、人物に寄った構図を選択した理由を述べる。Webカメラの映像を意識した「あんずちゃん」を制作した井坂は「ニコニコ動画を生配信したあと脳梗塞で倒れてしまったおじいちゃんがいるんですけど、放送中にろれつが回らなくなった姿を見たユーザーたちが助けるために動いたという実話をもとにしています」と作品のモチーフを説明。自身の監督作「さよならも出来ない」のキャスト陣が出演している「大航海時代」を提出した松野は「大阪で『さよならも出来ない』の舞台挨拶が行われたとき、俳優の方たちに映画館の非常階段に来てもらって撮影しました。上映後の舞台挨拶だったので、約75分の上映の間に撮影しました」と語った。

鏡を効果的に使用した「悪い虫」で参加した吉田は「編集っていろんなことができるんだと改めて思った。あと、即興的に作ることのよさと悪さを体験しました」、自身が出演する「あさっぱら」を手がけた今泉は「笑いをやりたいと思っていましたが、コントにはならないようにと意識しました。また、演劇と映画の違いについても改めて考えさせられた」とそれぞれ発見があったことを述懐。監督作「海を駆ける」のロケ地インドネシアで撮影したドキュメンタリー「8月のアチェでアリさんと話す」を発表した深田は「長編映画を撮っていたので、考える余裕がなくて焦りました。でもアリさんを撮りたいと思ったタイミングで楽になった。カメラで観たいものが見つかるかが大事なんだなと」と述べた。

最後に総括を求められた鈴木は「やってよかった。一定のルールによって、作風が違う人を一箇所に集められる。映画はドラマに従属する必要はない。もっと自由に作れる」と「ONE PIECE」の可能性を再認識したことに触れた。

「ワンピース・チャレンジ!」は、第39回PFFの京都会場でも実施。また12月に東京・テアトル新宿で開催予定のPFFの特集企画でもスクリーンにかけられる予定だ。

映画ナタリーをフォロー