映画ナタリー

神木隆之介「異常なくらい大好き」な新海誠の展覧会で音声ガイド担当、収録振り返る

557

神木隆之介

神木隆之介

新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」東京会場で音声ガイドナレーターを務める神木隆之介のコメントが到着した。

東京展は、11月11日から12月18日まで東京・国立新美術館にて開催。2002年に公開された「ほしのこえ」から250億円を超える興行収入を記録した「君の名は。」までの新海誠の軌跡を、絵コンテやコンセプトボード、原画などの資料によって紹介する。ほか巡回会場と同様、東京展でも会場限定のスタンプ台紙が用意され、11月30日までの前期と12月1日からの後期で異なる絵柄が配布される。

「君の名は。」で主人公・瀧に声を当てている神木は「率直にうれしかったです。新海監督のことが大好きですし、どの作品も異常なくらい大好きで。映画『君の名は。』に携われたことが幸せで、映画が公開されて1年が経っても、またこうして作品に携われる機会はなかなかないと思います」とナレーターのオファーを受けた当初を振り返る。

音声ガイドの収録に関して神木は「難しい文章や聞き慣れない言葉もあり、大変な部分もありましたが、台本を読んでいると作品の情景が浮かんできて、それがすごく心地よかったです。話す速度や表現など、どう話せばわかりやすいのかを考えながら、『ここは抑揚をつけてみよう』などと工夫して臨みました」とコメント。また展覧会に関しては「新海監督が見てきた風景、思ったことは作品に反映されていると思うのですが、監督が具体的にどう歩まれてきて、今ここにいるのか、ということを落ち着いた雰囲気の中で観られる展覧会になっているのではないかと思います。作品をより深く見られるきっかけになるでしょうし、僕も本当に楽しみにしています」と述懐している。

同展覧会は東京で実施されたあと、北海道・札幌芸術の森美術館、福岡・北九州市漫画ミュージアムなどを巡回する。なお現在都内で展開されている交通広告のスペシャル版が、11月6日より東京メトロ日比谷線・六本木駅の改札外壁面に掲出。新海の監督作6本のビジュアルがそれぞれ切り取られている。

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

2017年11月11日(土)~12月18日(月)東京都 国立新美術館
※毎週火曜休館
開館時間 10:00~18:00 ※毎週金曜、土曜は20:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで
入場料:大人 1600円 / 大学生 1200円 / 高校生 800円
音声ガイド貸出価格:550円
※11月10日(金)までローソンチケットで音声ガイドセット券が販売

全国巡回会場

~2017年10月29日(日)長野県 小海町高原美術館
2018年1月3日(水)~2月25日(日)北海道 札幌芸術の森美術館
2018年7月21日(土)~9月24日(月・祝)福岡県 北九州市漫画ミュージアムほか

映画ナタリーをフォロー