映画ナタリー

「鋼の錬金術師」ニューヨークで上映、曽利文彦「生涯忘れることはない」

62

「鋼の錬金術師」ニューヨークプレミア上映の様子。

「鋼の錬金術師」ニューヨークプレミア上映の様子。

鋼の錬金術師」が現地時間11月19日、アメリカ・ニューヨークで開催された「Anime NYC 2017 Powered By Crunchyroll」のクロージング作品として上映。監督の曽利文彦が舞台挨拶を行った。

1500人を収容できる会場は「鋼の錬金術師」のファンで満員に。山田涼介(Hey! Say! JUMP)演じるエドやディーン・フジオカ扮するマスタングのコスプレをした人々も見られた。興奮気味の観客の前に姿を現した曽利は「7回目のニューヨーク。日本以外で観客の皆さんに映画を観てもらえる機会です。大好きなニューヨークであることをとてもうれしく感じています」と挨拶し、「原作は西洋が舞台ですが、作品に込められたメッセージはとても日本的ですので、荒川(弘)先生が伝えたかったメッセージが必ず詰まっていると思います」と力強く述べる。

続けて山田と荒川のコメントがスクリーンに映し出される。現地のファンに対し、山田は「何と言っても兄弟愛がみどころ。どんな事があっても弟のアルの身体を取り戻すのは自分しかいないと強く思う、ぶれないエドのカッコ良さを見てほしい」と、荒川は「兄弟愛の部分と錬金術師の葛藤は原作にくらべて膨らまして描かれています。私は映画をみてそこにぐっときましたので是非注目してみて頂きたいです」とメッセージを送った。

上映終了後には、満席となった会場に大きな拍手と歓声が響き渡る。曽利は「西洋人の設定を日本人で演じているので、アメリカの人にどう受け取られるのか正直とてもプレッシャーだったんですが、皆さんがこの映画を心から楽しんでくれて本当にホッとしました」と吐露。そして「荒川先生が描かれたストーリーが、日本だけでなく世界中で共感を呼んでいることを改めて実感しました。映画が終わったあとの鳴りやまない拍手を生涯忘れることはないです」と感慨深げに語った。

「鋼の錬金術師」は12月1日より全国ロードショー。

※コミックナタリーPower Push公開中!
映画「鋼の錬金術師」特集 荒川弘インタビューPR

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー