映画ナタリー

「デメキン」健太郎と山田裕貴が“不良の歩き方”披露、博多弁の怒号飛び交う

1779

「デメキン」完成披露上映会の様子。

「デメキン」完成披露上映会の様子。

デメキン」の完成披露上映会が本日11月21日に東京・シネマート新宿で行われ、キャストの健太郎山田裕貴柳俊太郎、原作者の佐田正樹バッドボーイズ)、監督を務めた山口義高、主題歌を手がけたLEGO BIG MORLのカナタタケヒロとタナカヒロキが登壇した。

本作は佐田による自伝小説をもとにした不良映画。健太郎演じる主人公・正樹が、山田扮する厚成とともに喧嘩に明け暮れ成り上がっていくさまが描かれる。柳は、正樹と厚成が憧れていた暴走族の総長・真木を演じた。

オファーを受けた段階で、ヤングチャンピオンにて連載中のマンガ版「デメキン」を読んでいたという健太郎は、「自分が佐田さんを演じられると聞いて素直にうれしかったです。実在の人物の半生を演じるせいか、気合いも入りましたね」と述懐。佐田は健太郎との出会いを回想し、「初対面のときはまだ未成年。会うたびに成長していて驚きますね」と語る。さらに健太郎の役作りについて「僕の歩き方とかしゃべり方、仕草を研究してくれていて。芸人の後輩が映画を観たんですけど『ときどき佐田さん本人に見えた』って言ってました」と明かすと会場からは笑いが。佐田は「なんでわろてんの」とツッコみつつ、「健太郎くんの顔だけフィクションです(笑)。これはしょうがない」と続けた。

佐田の話を受け、健太郎が山田とともに研究の成果である“不良の歩き方”を会場で披露することに。山口の「よーい、はい」を合図に、壇上の端から2人が歩き出し中央で肩をぶつける。山田に「なんやきさん、コラァ!」と博多弁ですごまれ、「お前どこ中じゃあ!」と脅された健太郎。山田に睨みをきかせつつ健太郎は「舞台挨拶中じゃ」と怒声で答え、笑いを誘った。芸人らしく勢いよくコケた佐田は「そんなんやるなら言うといて!」と一言。山口が「OKです」と告げてこの寸劇を締めた。

続いて健太郎は撮影を振り返り、「この作品では、苦労とかつらいと感じることがなくて。現場では楽しむことを第一に考えてました」と話す。山田は「佐田さんたちの人生を僕らがまた生きるっていう、重みのようなものを背負って演じてました」と述べた。撮影にはできる限り参加していたという佐田も「みんなが特攻服着て和気あいあいと集会に集まっていく後ろ姿を見たときは、『これや』って思いましたよ」と称賛した。

「デメキン」は、12月2日よりシネマート新宿ほかにて全国ロードショー。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

(c)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (c)2017 映画『デメキン』製作委員会

映画ナタリーをフォロー