映画ナタリー

「イタズラなKiss」佐藤寛太&美沙玲奈、雨のプロポーズシーン撮影の苦労明かす

1106

「イタズラなKiss THE MOVIE3 ~プロポーズ編~」初日舞台挨拶にて、左から溝口稔、美沙玲奈、佐藤寛太。

「イタズラなKiss THE MOVIE3 ~プロポーズ編~」初日舞台挨拶にて、左から溝口稔、美沙玲奈、佐藤寛太。

「イタズラなKiss THE MOVIE3 ~プロポーズ編~」の初日舞台挨拶が、本日11月25日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、入江直樹役の佐藤寛太劇団EXILE)、相原琴子役の美沙玲奈、監督の溝口稔が登壇した。

多田かおるのマンガをもとにした本作は、ひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになった入江と琴子の恋模様を描くラブコメディ。「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」「イタズラなKiss THE MOVIE 2 ~キャンパス編~」を経て第3弾の公開を迎え、佐藤は「この日を待ちわびていました。ありがたい気持ちでいっぱいです。初めて主演させていただいた映画なので、原作にも役にも思い入れのある素敵な作品です」と思いを伝える。

印象に残った撮影に関するトークでは、溝口は本作のポスタービジュアルにも使用されている“雨のプロポーズシーン”を振り返った。「原作の中でも人気の高い場面なので、リキ入りました。24時回ってからの撮影で、終わったのは夜中の2時3時くらいだったかな」と回想すると、佐藤から「監督! 4時頃までいきませんでしたか? もう明るくなっていたような……」と指摘が。美沙も「テストを含めると夜8時くらいから濡れ続けていたような」と記憶をたどる。溝口は「昼間も別のシーンを撮っていたから時計の針がぐるーんと回ったような撮影でしたね!」と長かった一日に思いを馳せ、清々しい表情を見せた。

シリーズ通して撮影をともにしてきた佐藤と美沙だが、「役柄について一緒に相談したことは?」という質問が出ると、2人は目を見合わせて「ない?」「ないよね?」と確認。美沙は「佐藤くんが『玲ちゃんはそのままでいいよ』と言ってくれていたので。だから(指摘されたのは)方言が出たときくらい(笑)。新鮮さを大事にしていました」と明かした。

溝口は、そんな2人のやり取りを見ながら「3作も撮ってくると、役柄やセリフのしゃべり方のテンションが言わなくてもわかってくるんですよね。1作目のクランクイン前にはリハーサルを綿密にやりましたけど」と振り返る。そして佐藤には「テレビドラマと違って映画は大きなスクリーンで観るためのもの。だから目の動きとか繊細な部分で感情を表現しなければいけないので難しい役でしたよね」、美沙には「琴子ちゃんは全身で喜怒哀楽を表現するのが難しい役どころだったのでは」と語りかけ、「でも2、3作目ともなると言わずもがなでした!」と、役とともに成長していった2人に賞賛を送った。

なお現在CAMPFIREでは、本作の公開を記念して限定グッズ制作を支援するクラウドファンディングを実施中。リターンとして限定Tシャツや非売品グッズなどが進呈される予定だ。美沙は「ぜひ、のぞいてみてください!」と感謝の気持ちを込めてアピールした。

映画ナタリーをフォロー