映画「アウトレイジ 最終章」PR

「アウトレイジ 最終章」|“全員悪人”ついに完結!

北野武が初めて手がけた映画シリーズ「アウトレイジ」。第1作「アウトレイジ」が2010年、第2作「アウトレイジ ビヨンド」が2012年に公開され、“全員悪人”の最後を飾る「アウトレイジ 最終章」が第74回ヴェネツィア国際映画祭で上映された後、10月7日、ついに日本公開される。前2作と同様に北野武が監督、脚本、編集を担当し、ビートたけしとして昔気質のヤクザ大友を熱演。西田敏行、松重豊、塩見三省、白竜といった前作で強烈な印象を残した俳優陣のほかに、大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、岸部一徳といった一癖も二癖もあるキャストが新たに顔を並べた。

本作の公開を記念し、ナタリーでは音楽、コミック、お笑い、映画、ステージとジャンルを横断し全5回にわたる特集を実施。さまざまな業界で活躍中の著名人たちが「アウトレイジ 最終章」の魅力を紐解く。

Interview

  • お笑いナタリー|ペンギンズ
  • ステージナタリー|麿赤兒
  • コミックナタリー|ヨネダコウ
  • 音楽ナタリー|MAH(SiM)
  • 映画ナタリー|山里亮太

Character

張グループ

大友(ビートたけし)
大友(ビートたけし)
元大友組の組長。山王会の内部抗争、山王会と花菱会の抗争に巻き込まれ、多くの部下、弟分を失う。義理を重んじる昔気質のヤクザで、抗争で命を落とした弟分・木村のことが心に染み付いている。現在は、張のもとで韓国・済州島(チェジュトウ)の歓楽街を裏で仕切る。
市川(大森南朋)
市川(大森南朋)
大友の下で働く張グループの一員。大友のことを慕っており、大友からの信頼も厚い。帰国した大友を追い、日本を訪れる。
張(金田時男)
(金田時男)
張グループの会長で、日韓に強大な影響力を持つフィクサー。大友のことを気にかけており、暴走しないよう制止している。
李(白竜)
(白竜)
張の側近。
崔(津田寛治)
(津田寛治)
張の側近。

花菱会

西野(西田敏行)
西野(西田敏行)
花菱会の若頭で、古参の幹部。前会長の娘婿で元証券マンの新会長・野村に強い敵意を向けている。野村を引きずり下ろし、会長の座に就こうと画策する。
花田(ピエール瀧)
花田(ピエール瀧)
花菱会の幹部。麻薬の売買で大きな利益を上げており、その金目当てに西野から利用される。韓国で張グループといざこざを起こす。
野村(大杉漣)
野村(大杉漣)
元証券マンの花菱会新会長。極道の世界はズブの素人で、金さえ稼げればなんでもいいと考えている。
中田(塩見三省)
中田(塩見三省)
花菱会の若頭補佐。野村から西野を陥れるため命令を受ける。
丸山(原田泰造)
丸山(原田泰造)
花田の手下。
森島(岸部一徳)
森島(岸部一徳)
花菱会の会長付若頭補佐。

山王会

白山(名高達男)
白山(名高達男)
山王会の会長。自分たちを軽んじる花菱会に不満を募らせている。
五味(光石研)
五味(光石研)
山王会の若頭。兄貴分・白山の自分への態度にいら立っている。
吉岡(池内博之)
吉岡(池内博之)
花菱会の息がかかった木村組の一員。

警視庁組織犯罪対策部

繁田(松重豊)
繁田(松重豊)
ヤクザを摘発するため働く真っ当なマル暴の刑事。上層部に不信感を抱いている。
平山(中村育二)
平山(中村育二)
繁田の上司。

Story

「アウトレイジ 最終章」2017年10月7日(土)全国ロードショー

ストーリー
元はヤクザの組長だった大友は、日本東西の二大勢力であった山王会と花菱会の巨大抗争のあと韓国に渡り、歓楽街を裏で仕切っていた。日本と韓国を股にかけるフィクサー張のもとで働き、部下の市川らとともに海辺で釣りをするなど、のんびりとした時を過ごしている大友。そんなある日、取引のため韓国に滞在していた花菱会の幹部・花田から、買った女が気に入らないとクレームが舞い込む。女を殴ったことで逆に大友から脅され大金を請求された花田は、事態を軽く見て側近たちに後始末を任せて帰国する。しかし花田の部下は金を払わず、大友が身を寄せる張会長のところの若い衆を殺害。激怒した大友は日本に戻ろうとするが、張の制止もあり、どうするか悩んでいた。一方、日本では過去の抗争で山王会を実質配下に収めた花菱会の中で権力闘争が密かに進行。前会長の娘婿で元証券マンの新会長・野村と、古参の幹部で若頭の西野が敵意を向け合い、それぞれに策略を巡らせていた。西野は張グループを敵に回した花田を利用し、覇権争いは張の襲撃にまで発展していく。危険が及ぶ張の身を案じた大友は、張への恩義に報いるため、そして山王会と花菱会の抗争の余波で殺された弟分・木村の仇を取るため日本に戻ることを決めるが……。
スタッフ
監督・脚本・編集:北野武
音楽:鈴木慶一
キャスト
大友:ビートたけし
西野:西田敏行
市川:大森南朋
花田:ピエール瀧
繁田:松重豊
野村:大杉漣
中田:塩見三省
李:白竜
白山:名高達男
五味:光石研
丸山:原田泰造
吉岡:池内博之
崔:津田寛治
張:金田時男
平山:中村育二
森島:岸部一徳

※「アウトレイジ 最終章」はR15+作品

History

「アウトレイジ」ポスタービジュアル ©︎2010『アウトレイジ』製作委員会

「アウトレイジ」2010年6月12日公開

ストーリー
関東一円を取り仕切る巨大暴力団・山王会。その下部組織の大友組で組長を務める大友(ビートたけし)は、親子の盃を交わしている池元(國村隼)から麻薬の売買で稼ぐ村瀬(石橋蓮司)の組を締め付けるよう命令される。村瀬組が仕切るぼったくりバーで組員に騒動を起こさせ、その詫びに来た村瀬組若頭・木村(中野英雄)の顔をカッターで斬り付けるなど、押し付けられた役割を嫌々ながらも実行していく大友だったが、顔の傷を恨んだ木村に部下を殺されてしまう。そのことが山王会の会長・関内(北村総一朗)の逆鱗に触れ、村瀬組は解体に追い込まれる。大友組の水野(椎名桔平)や石原(加瀬亮)たちは、闇カジノを開店するなど村瀬組が管理していたシマで商売を始める。その中で村瀬組が麻薬の売買を密かに続けていることを知った池元は、大友に村瀬の殺害を命令。その抗争の裏では、山王会の若頭・加藤(三浦友和)とマル暴の刑事・片岡(小日向文世)が策略を巡らせており……。

名セリフ集

「口開けえ! 直してやるからよ」
大友が歯の治療中だった村瀬を歯科ドリルで襲うときに言うセリフ。
「破門したり取り消したりテメエの舌は何枚あんだコノヤロー。何枚あるかって聞いてんだよ! 1枚だ? 2枚も3枚も持ってんだろコノヤロー!」
大友が舌を出した池元にアッパーを入れる前に言うセリフ。
「水野、お前隠れろ。1人ぐらい生きてねえとよ結果わかんねえじゃねえか」
部下を殺された大友が水野を逃がすため言うセリフ。

「コノヤロー」+「バカヤロー」回数ランキング

  • 1位大友 計21回
  • 2位水野 計10回
  • 3位石原 計5回
  • 3位木村 計5回
  • 作品全体計68回

※当社調べ

  • 「アウトレイジ」 ©︎2010『アウトレイジ』製作委員会
  • 「アウトレイジ」 ©︎2010『アウトレイジ』製作委員会
  • 「アウトレイジ」 ©︎2010『アウトレイジ』製作委員会
  • 「アウトレイジ」 ©︎2010『アウトレイジ』製作委員会
「アウトレイジ ビヨンド」ポスタービジュアル©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会

「アウトレイジ ビヨンド」2012年10月6日公開

ストーリー
山王会の内部抗争から5年、会長の座に就いた加藤(三浦友和)は、大友(ビートたけし)を裏切った石原(加瀬亮)を若頭に置き政財界にも手を伸ばしていた。かつて大友に出頭を持ちかけたマル暴の刑事・片岡(小日向文世)は、勢力を拡大していく山王会を内部崩壊させるべく画策する。山王会の古参幹部を巧みに操り関西の雄・花菱会の幹部との密談の場を設け、山王会を弱体化させるため行動する片岡だったが、もろくも失敗。その後、片岡は抗争の火種をまくために大友を出所させる。ヤクザに戻るつもりはないと言う大友は、日本と韓国を股にかけるフィクサー・張(金田時男)のもとに身を寄せる。片岡は大友とかつて大友が顔を切りつけた木村(中野英雄)を引き合わせ、自分の目的のために利用しようと試みる。これを知った花菱会の幹部・西野(西田敏行)たちは、山王会を乗っ取るため大友と木村に協力。兄弟の盃を交わした大友と木村は山王会への復讐を開始し……。

名セリフ集

「俺のことなんて誰ももう覚えてねえよ」
大友が面会に来た片岡に言うセリフ。
「どないするんや? 詰めるんか? 詰めるんやったら道具いるやろ? 何が欲しいんや? 何が欲しい?言うとるやろ! おっ! ドスか包丁か? 出してやろか」
西野が大友に指を詰めることを迫るセリフ。
「なんでもすんのか? 野球やろうか?」
大友が石原をバッティングマシンで拷問する前に言うセリフ。

「コノヤロー」+「バカヤロー」回数ランキング

  • 1位大友 計17回
  • 2位石原 計8回
  • 3位加藤 計4回
  • 3位片岡 計4回
  • 作品全体計44回

※当社調べ

  • 「アウトレイジ ビヨンド」 ©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会
  • 「アウトレイジ ビヨンド」 ©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会
  • 「アウトレイジ ビヨンド」 ©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会
  • 「アウトレイジ ビヨンド」 ©︎2012『アウトレイジ ビヨンド』製作委員会

Interview

  • お笑いナタリー|ペンギンズ
  • ステージナタリー|麿赤兒
  • コミックナタリー|ヨネダコウ
  • 音楽ナタリー|MAH(SiM)
  • 映画ナタリー|山里亮太