音楽ナタリー

indigo la End、ドラマ「ぼくは麻理のなか」の世界と一体化したOP曲MV

437

indigo la End

indigo la End

indigo la Endが7月12日にリリースした3rdアルバム「Crying End Roll」の収録曲より、「鐘泣く命」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「鐘泣く命」はフジテレビオンデマンド(FOD)で配信中のドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニングテーマ曲。この楽曲のMVはドラマと同じ監督、カメラマンが手がけたもので、物語に登場する同じ場所でメンバーの演奏シーンを撮影するなど親和性の高いコラボ映像に仕上がっている。

ドラマとMVの両監督を務めたスミスは「『ぼくは麻理のなか』の世界観にぴったりな楽曲だったので、音楽と映像が頭のなかで完全に一致しました。バンドとドラマの世界が一体になると曲の美しさが際立って、最高です」とコメントしている。

また7月20~25日に東京・西武新宿駅前のユニカビジョンにてindigo la Endの特集プログラムが放映される。放映中にアプリ「Another Track」をダウンロードしたスマートフォンをユニカビジョンにかざすと、ユニカビジョンと同期した高音質サウンドをスマートフォンで楽しむことができる。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
indigo la End「Crying End Roll」インタビュー|1年ぶりの新作で迎えた分岐点PR

音楽ナタリーをフォロー