音楽ナタリー

「人を殴ったりしない役です」三代目・山下&元乃木坂46深川が共演作語る

547

左から深川麻衣、山下健二郎。

左から深川麻衣、山下健二郎。

「パンとバスと2度目のハツコイ」が本日10月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた第30回東京国際映画祭で上映。キャストの深川麻衣、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、監督の今泉力哉が登場した。

本作はパン屋で働く独自の結婚観を持つ女性・市井ふみとその初恋相手・湯浅たもつが織りなすラブストーリー。ヒロインを深川、初恋相手を山下が演じる。

映画に初出演した深川は「撮影に入る前まではかなり緊張していて不安もあったんですけど、ふみが不器用なりにも相手と向き合っているのが観てる方に伝わればいいなと思って演じました」と撮影を振り返る。山下は現場の雰囲気について「ほっこりしてました。初めてチャレンジするような役だったので、どうやって自分なりに(キャラクターを)引き出すか考えましたね」と語ったあと、「決して人を殴ったり、オラついたりバイクに乗ったりはしないキャラクターなので(笑)」と自身が出演している「HiGH&LOW」シリーズを引き合いに出し場内に笑いをもたらした。

深川が山下について「お会いするまではクールなイメージがあったんですけど、休憩時間にバス釣りの話をしてくれて、すごく明るくて現場を盛り上げてくださる方です」と語ると、山下は「全然興味ない話をずっとしちゃってたよね」と申し訳なさそうにひと言。さらに今泉が「作り物ではなく現実に近いような恋愛の話を作りたくて、美しい部分やカッコいい部分をそぎ落とすことを演じるうえで意識的にやってもらいました。でも山下さんが鏡越しに手を洗うシーンで何回やってもカッコよくなっちゃう(笑)」と語ると、山下は「褒められてるような褒められてないような……」と苦笑いした。

深川は女優としての活動について「(乃木坂46を)卒業してから1年以上経ちますが、やっぱりグループで5年間活動してきた経験や出会ったものが今の自分の土台にあると感じています。でも自分で選んでやりたかったお仕事をさせていただいているので、その5年間に甘えずにちゃんと地に足を付けてこれから毎日1つ1つお仕事に向き合っていきたいなと思います」と決意を語った。

「パンとバスと2度目のハツコイ」は、2018年2月17日より全国のイオンシネマにて公開される。

音楽ナタリーをフォロー