音楽ナタリー

さだまさし、“いわれなき炎上の45年”を振り返る

229

さだまさし。周りにあるのが、五月女ケイ子が描いた「さだの炎上絵画」。(写真提供:NHK)

さだまさし。周りにあるのが、五月女ケイ子が描いた「さだの炎上絵画」。(写真提供:NHK)

さだまさしが、11月30日(木)と2018年1月4日(木)にNHK総合にて放送される「SONGS」に出演する。

11月のオンエアの番組タイトルは「さだまさし ~ああ、いわれなき炎上の45年~」。デビュー当時、彼の楽曲が「ネクラ」「マザコン」「軟弱」「女性蔑視」「戦争賛美」といった本来の趣旨とは異なる解釈で批判されたことなどに触れながらデビューからの45年を振り返る。番組内ではイラストレーター・五月女ケイ子が描いた「さだの炎上絵画」をもとにさまざまなエピソードが披露されるほか、スタジオライブでさだは「関白宣言」「主人公」「いにしえ」を演奏する。

2018年1月放送の「さだまさし ~長いけどすごい歌、集めました~」では、約12分半におよぶ楽曲「親父の一番長い日」など、さだが制作した“長いけどすごい歌”を特集。テレビではなかなか放送できなかった長尺の楽曲が堪能できる内容となる。

NHK総合「SONGS さだまさし ~ああ、いわれなき炎上の45年~」

2017年11月30日(木)22:50~23:15

NHK総合「SONGS さだまさし ~長いけどすごい歌、集めました~」

2018年1月4日(木)22:50~23:15

音楽ナタリーをフォロー