Coming Next 委員会PR

「Coming Next Artists」特集

毎年多くの新人アーティストが登場する音楽シーン。日本レコード協会所属の正会員レーベル18社からも数多くの次世代アーティストがデビューを果たし、音楽ファンにさまざまなサウンドを届けている。音楽ナタリーと日本レコード協会の連携企画となる「Coming Next Artists」では、各レーベルがプッシュする次世代アーティストたちを1年間にわたって紹介。先輩アーティストや音楽プロデューサー、俳優、モデルといった各界の音楽好きがパーソナリティを務め、それぞれの視点から新人たちの魅力に迫る。

イラスト / Washio Tomoyuki

各サブスクリプションサービスで、
本特集に登場したアーティストの楽曲を集めたプレイリストを公開中

パーソナリティ プロフィール

菅野結以(カンノユイ)
菅野結以
雑誌「LARME」「with」などで活躍するファッションモデル。10代の頃から「Popteen」「PopSister」の専属モデルを務め、カリスマモデルと称される。2010年8月に初の著書「(C)かんの」を出版し、その後最新スタイルブック「yuitopia」まで6冊の書籍を発売。アパレルブランド「Crayme,」、コスメブランド「baby+A」のプロデュースおよびディレクションを行っているほか、TOKYO FM「RADIO DRAGON -NEXT- 」、@FM「LiveFans」では豊富な音楽知識を生かしてパーソナリティを担当している。TwitterやInstagramなどSNSの総フォロワー数は約100万人におよぶ。2017年11月に初の写真集「Halation」を刊行した。
須賀健太(スガケンタ)
須賀健太
東京都出身の俳優、タレント。1999年に子役デビューし、2002年放送のドラマ「人にやさしく」で五十嵐明役を演じ注目を集めた。その後映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズへの出演を経て、2006年公開の「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」で映画初主演、2010年放送の「新撰組 PEACE MAKER」で連続ドラマ初主演を果たすなど、数々のドラマ、映画で活躍。2015年からはハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」で主人公の日向翔陽を演じている。音楽好きとしても知られ、2017年にはShout it Out「青年の主張」のミュージックビデオに出演した。同年8月には1st写真集「SUGA。-素顔-」を発売し、11月から2018年2月にかけては舞台「髑髏城の七人 Season月」に出演。2018年公開の映画「ちょっとまて野球部!」と「サイモン&タダタカシ」では主演を務める。
Tom-H@ck(トムハック)
Tom-H@ck
サウンドクリエイター、プロデューサー。2009年に放送がスタートしたアニメ「けいおん!!」の楽曲を手がけ、注目を集める。作編曲家としてT.M.Revolution、でんぱ組.inc、ももいろクローバーZ、清竜人25、SuG、ロッカジャポニカ、LiSA、マジカル・パンチライン、UROBOROSといったアーティストの楽曲制作に携わっているほか、映画やアニメなどの劇伴音楽なども多数手がけている。またOxT、MYTH & ROIDとして自身もアーティストとして活動している。2016年5月に総合エンタテインメント会社・TaWaRaを設立。TaWaRaではサウンドのみならずエンタテインメント事業全体のプロデューサーを務める。
ピエール中野(ピエールナカノ)
ピエール中野
凛として時雨のドラマー。高度なテクニックに裏打ちされたドラムプレイやステージで見せる独自のマイクパフォーマンスで多くの音楽ファンの支持を獲得している。カオティック・スピードキング、玉筋クールJ太郎のメンバーとしても活躍するほか、DJやコラム連載でもその才能を発揮。2011年より自主イベント「ピエールナイト」を開催している。2011年9月にドラム教則DVD+BOOK「Chaotic Vibes Drumming 入門編」「Chaotic Vibes Drumming 実践編」をリリース。2014年6月にさまざまなアーティストとのセッションを収録したミニアルバム「Chaotic Vibes Orchestra」を発表した。2017年7月には主催イベント「ピエールフェス 2017」を開催した。