お笑いナタリー

僕の声大丈夫でした?宮川大輔、映画「コナン」初日迎えてもなお不安

95

昨日4月15日、映画「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、ゲスト声優の宮川大輔が登壇した。

本作では、百人一首の大会を収録している最中だったテレビ局・日売テレビが爆破された事件の謎に、江戸川コナンと服部平次が挑む。会員数300人を超える競技かるた会「皐月会」のメンバーであり、本業はカメラマンの男・関根康史役を宮川が担当するのは既報の通りだ。イベントには彼のほか、同じくゲスト声優の吉岡里帆、レギュラーキャストの高山みなみ小山力也堀川りょう宮村優子、主題歌を担当する倉木麻衣が出席した。

声優初挑戦となる宮川は「緊張してたんですけど、本当にスタッフさんやキャストの皆さんが温かく迎え入れてくれて、すごくうれしかったです」とアフレコを回想。「僕の声大丈夫でした?」と恐るおそる観客に問いかけると、大きな拍手が贈られ「よかった! それが心配で心配で」と安堵の表情を浮かべる。

また宮川は「土曜の夕方6時から『コナン』が放送されて、そのあとに『満天☆青空レストラン』やってるんです」と、コナンと自分の縁をアピール。さらに「コナンくんにはいいバトンをいただいている。今回出させていただいて、ますます作品への愛が深まりました」としみじみ語っていた。

(c)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

お笑いナタリーをフォロー