お笑いナタリー

ジミー大西と明石家さんまの物語「Jimmy」予告編公開、主題歌はMISIA

92

「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」より。

「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」より。

明石家さんまが企画、プロデュースを手がけたNetflixオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」の予告編が本日4月19日に公開された。

明石家さんまに出会い数奇な人生を歩むことになったジミー大西の実体験を描く「Jimmy」。予告編には中尾明慶演じるジミーが数々の失敗を犯すシーンや、そんなジミーを小出恵介演じるさんまが面白がり、温かく見守る様子が収められている。終盤ではジミーとさんま本人が本作についてコメントしている場面も。またこの予告編の公開をもって、MISIAが歌う甲斐バンド「最後の夜汽車」のカバーが主題歌として使用されていることが明らかになった。

主題歌を担当するにあたり、「この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、『さんまさんから見る東京』または『ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車』のようにも感じた」というMISIA。作品については「8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学を教えてもらえるようなドラマだな、と思いました」と感想を語っている。

「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」は全9話、7月7日(金)より世界190カ国で配信される。

(c)2017YDクリエイション

お笑いナタリーをフォロー