お笑いナタリー

「今日のこと忘れない」藤井隆ら音楽の力で地球浄化!大倉孝二や秋山菜津子も熱唱

262

とくこの愛娘・みやこを高く掲げる秋山菜津子(中央)。

とくこの愛娘・みやこを高く掲げる秋山菜津子(中央)。

4月18日、東京・ルミネtheよしもとにて藤井隆のイベント「LIVE DAM STADIUM presents『ピュリファイ トーキョー』」が開催された。

ルミネで藤井のイベントが行われるのは約2年半ぶりで、会場には多くのファンが集結。来場者には入場前にマスクが配布され、またその着用も促された。なぜマスク着用が必要なのか明かされないまま、場内のスクリーンでは環境問題に関するレポートが上映される。地球が今危険な状態であることがシリアスにアナウンスされると、マスク姿の藤井らがステージに現れた。

レポートによれば、あらゆる環境問題の種は「hepa」という物質で、その発生源はルミネtheよしもとなのだという。これを音楽の力、“MUSIC POWER”で浄化しようと、藤井のもとにはhideo(=大山英雄)、椿鬼奴バッファロー吾郎レイザーラモンRGら、音楽と歌が大好きなメンバーが集った。藤井が「力をお貸しください!」と投げかけると客席も「宇宙船 地球号」の乗組員として団結。出演者たちが熱唱し、hepaの数値を下げようと奮闘するさまを、約2時間にわたり見届けた。

「QR-7」こと、第一興商の通信カラオケ「DAM」を使って曲を入れていくメンバー。鬼奴をはじめ、トークを求められながら選曲することができない彼らは「同時に2つのことができないのもhepaのせいだ!」と憤る。それでも観客の声援を受け、力強く歌唱していくと、500近くあったhepaの数値は見る見る降下していった。出演者たちは自身の歌唱中以外もダンスしたり、DAMののぼりを大漁旗のように振ったりしてマイクを握るメンバーに加勢。ゲストの大倉孝二秋山菜津子もこのイベント自体に戸惑いながら、堂々たるパフォーマンスでhepaを減らす。

好調に浄化が進んでいき、もうひと踏ん張りというところでhideoが歌い出すとhepaの数値がたちまち上昇。そんなことお構いなしに「hideoが世界を救うよ!」「もう1曲、次は新曲歌うよ!」などと調子に乗るhideoを藤井やRGは冷ややかな目で見つめた。そんな中、屋外にいるとくこと中継をつなぐ場面も。とくこは愛娘・みやこを抱きながら必死で現状をリポートするが、hepaの影響なのか「てにをは」がめちゃくちゃに。やがて中継先からルミネに到着すると、菊池桃子の「BOYのテーマ」を愛嬌たっぷりに歌い上げた。

終盤は2週目が回ってきてしまった大倉が歌うTHE BLUE HEARTSの「1000のバイオリン」や、バッファロー吾郎Aがなりきる大友康平ならぬ小友不公平の「ff(フォルティシモ)」などで会場が1つになっていく。そしてついにhepaの数値が0まで落ちると、「No more hepa, Keep 0 hepa」と“環境”からの手紙が届いた。これで無事に終演かと思いきや、またしてもhideoが歌い出したことで緊急事態に陥る。大倉が客席に助けを求めると1人の勇敢な男性がステージに上がった。T.M.Revolutionの「HOT LIMIT」というこの局面にぴったりな彼の選曲で、会場は一気にヒートアップする。同時に再び地球は浄化され、藤井は「一時はどうなるかと思いましたが、おかげさまで私たちの地球が、私たちのもとに帰ってきました!」と歓喜。「私、いろんな意味で、今日のこと絶対忘れません!」と挨拶し、最後は全員でマスクを投げ捨ててこの壮大なショーの幕を閉じた。

5月11日(木)には大阪・YES THEATERにて「LIVE DAM STADIUM presents「ピュリファイ

オオサカ」」が開催される。出演者や内容は今回と異なるので、何が繰り広げられるのかは劇場で確かめよう。

LIVE DAM STADIUM presents「ピュリファイ オオサカ」

日時:2017年5月11日(木)19:00開場 19:30開演
会場:大阪・YES THEATER
料金:前売3000円 当日3500円
<出演者>
藤井隆 / 未知やすえ / シルク / 桂三度 / 土肥ポン太 / テンダラー / 宇都宮まき / 吉田結衣

お笑いナタリーをフォロー