お笑いナタリー

ストレートヘアで映画出演した片桐仁、NG出しすぎてモジャモジャに

419

片桐仁

片桐仁

昨日9月21日、映画「泥棒役者」の完成披露試写会が東京・豊洲PITで行われ、出演者の片桐仁宮川大輔が登壇した。

「泥棒役者」は、西田征史が2006年に作・演出を手がけた同名舞台を自ら映画化するコメディ作品。金目当てで豪邸に侵入した主人公・大貫が「豪邸の主人」「売れっ子絵本作家」「編集者」に間違われ、それぞれのキャラクターを演じる羽目になってしまうという物語だ。完成披露試写会には西田監督や主演の丸山隆平関ジャニ∞)、そして脇を固める市村正親ユースケ・サンタマリア石橋杏奈峯村リエも登壇している。

大貫が侵入した豪邸の隣に住んでいるYouTuber・高梨仁として劇中に登場する片桐は「けん玉をしながら歌うっていうシーンがあって33回NG出しました。自分で『やれます』って言ったのに全然できなかった」と苦笑いで現場を回想。さらに「今回、髪の毛をまっすぐにしてもらってたんですけど、(NGを繰り返すうちに)汗でモジャモジャになっちゃって。それを伸ばすっていう時間があって……」と撮影に苦戦していたことを明かした。

大貫を犯行に誘う泥棒・畠山則男を演じた宮川は撮影前、自主的に本読みをするため、丸山の自宅を訪れていたそう。「ベースとお酒がいっぱい並んでて、すごく男らしい部屋でした」「女っ気がまるでなくて汚かった(笑)。しばらく誰も来てないんちゃう?」と暴露し、丸山を「お恥ずかしいです」と照れさせていた。

「泥棒役者」は、11月18日(土)より東京・TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー。

(c)2017「泥棒役者」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー