お笑いナタリー

板尾創路が映画「火花」の“キーマン”修士に感謝「本当にいてくれてよかった」

356

本日11月23日、映画「火花」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ スカラ座にて開催され、キャストの菅田将暉桐谷健太2丁拳銃・修士、三浦誠己、監督の板尾創路、原作者のピース又吉が登壇した。

本作は、菅田演じる漫才の世界でくすぶる青年・徳永と、桐谷扮する強い信念を持った先輩芸人・神谷が出会い、葛藤しながら歩み続ける姿を描いた青春譚。徳永とコンビ・スパークスを組むツッコミの山下役を演じた修士は、映画が公開されたことについて「今日からまたしばらくスパークスに戻れるんやなと思うとうれしいですね。2丁拳銃にはまったく戻りたくない(笑)」と自虐気味にコメント。一方、板尾は「『火花』は芥川賞を獲ったすごい作品。後輩の又吉が書いたネタを俺がやるっていう、なんともいえない雰囲気がありました。でも又吉が『全部お任せします』と言ってくれたので120%の力でがんばりました」としみじみ語った。

又吉は「普段、自分の小説って読み返さないんですけど、今回は映画を観たあとに読み返しまして。そのときに『映画のあのシーンよかったけど、原作にもあったっけ』という心境になった。たまに『頼むからあってくれ……あ、ないわ』ってこともあった(笑)。でも原作そっくりそのままやるよりも、板尾さん僕の書いたことを理解してくれてるんだろうなという気持ちになりました」と原作者ならではの視点で作品を語る。また板尾から「俺はお前の原作を10回は読んだぞ!」とアピールされると、「本当ですか? 僕よりちょっと読んでますね」と顔をほころばせた。

修士は板尾から出演オファーを受けたときを「『お前らの漫才、俺は見てたからな。この映画にはやっぱりお前やねん』って板尾さんに言われて。見ててくれる人はどこかにいるんやなって実感する出来事でした」と回想。板尾に「2丁拳銃はデビュー当時から知ってるし、東京に出てきて苦戦してるのもわかってた。ちょっとした運のなさで伸び悩んでいるところはあったけど漫才はすごい。25年間漫才をやってる修士を『火花』に起用するというのは誰よりも早く決めた。彼がキーマンになってくれたし、本当にいてくれてよかった」と絶賛されると、「ありがとうございます」と感慨深げに頭を下げていた。

※映画ナタリーPower Push公開中!
「火花」菅田将暉×桐谷健太インタビューPR

(c)2017「火花」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー