ステージナタリー

大竹しのぶ×栗山民也「ピアフ」2018年に上演&「愛の讃歌」音源化決定

194

「ピアフ」過去公演より。(c)東宝演劇部

「ピアフ」過去公演より。(c)東宝演劇部

大竹しのぶが主演する「ピアフ」が、2018年11月に東京・シアタークリエにて上演されることがわかった。

原作をパム・ジェムス、演出を栗山民也が手がける本作は、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を描いた物語。過去の上演版では、大竹が第19回読売演劇大賞最優秀女優賞、栗山が第62回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞したほか、昨年2016年末に開催された「第67回NHK紅白歌合戦」にて、大竹が劇中歌「愛の讃歌」を歌唱したことでも話題を集めている。

さらにこのたび、大竹版「愛の讃歌」の音源化も決定。iTunes Store、レコチョク、moraほかにて3月22日より配信される。

大竹しのぶコメント

舞台「ピアフ」を演じていて、「愛の讃歌」はずっと舞台の中で歌ってきたんですが、昨年、紅白歌合戦という特別な番組で歌えたのは自分の中ですごく大きな意味があって、年が変わり新しい年が来る時に「頑張って生きていこう」というピアフの思いを伝えられる時間が持てた事がすごく嬉しいなと思います。

「ピアフ」

2018年11月
東京都 シアタークリエ

作:パム・ジェムス
演出:栗山民也
出演:大竹しのぶ

ステージナタリーをフォロー