ステージナタリー

読売演劇大賞・優秀作品賞、地点「ヘッダ・ガブラー」が京都で上演

233

地点「ヘッダ・ガブラー」ビジュアル

地点「ヘッダ・ガブラー」ビジュアル

地点「ヘッダ・ガブラー」が、5月5日から13日まで京都・アンダースローで上演される。

本作は昨年2016年11月に東京・あうるすぽっとで初演された、地点にとって初のイプセン作品。自らの人生にがんじがらめになってしまう現代人の激しさと滑稽さを短い言葉のやり取りで描き、第24回読売演劇大賞の優秀作品賞を受賞。演出の三浦基は本作および、東京で連続上演された「桜の園」の成果によって選考委員特別賞を受賞している。

出演には安部聡子石田大小河原康二窪田史恵、河野早紀、小林洋平が名を連ねている。なお地点とKAAT神奈川芸術劇場との共同制作第7弾「忘れる日本人」が、4月13日から23日までKAAT 中スタジオで上演される。

地点「ヘッダ・ガブラー」

2017年5月5日(祝・金)~13日(土)
京都府 アンダースロー

作:ヘンリック・イプセン
翻訳:毛利三彌
演出:三浦基
出演:安部聡子石田大小河原康二窪田史恵、河野早紀、小林洋平

ステージナタリーをフォロー