ステージナタリー

石黒英雄らが入来茉里を本気で落とす!「黒薔薇アリス」公開稽古

147

舞台「黒薔薇アリス」囲み取材より。左から、柏木佑介、杉江大志、石黒英雄、入来茉里、秋元龍太朗、野嵜豊

舞台「黒薔薇アリス」囲み取材より。左から、柏木佑介、杉江大志、石黒英雄、入来茉里、秋元龍太朗、野嵜豊

5月12日から上演される「黒薔薇アリス」の公開稽古と囲み取材が、昨日5月2日に都内で行われた。

「黒薔薇アリス」は、水城せとなのマンガが原作。人間の死体に寄生し養分を吸って生きる“吸血樹”の繁殖を題材としたヴァンパイアロマンだ。稽古ではオープニングから、石黒英雄演じる主人公のディミトリ・レヴァンドフスキと、入来茉里演じるヒロインのアリスが出会う前半のシーンや、人間の死体に寄生し、養分を吸って生きる“吸血樹”たちが営むカフェ静寂館のシーンなどを公開。全キャストと10人のアンサンブルにより、作品世界が立ち上げられた。

囲み取材には、石黒と入来をはじめ、レオ役の秋元龍太朗、櫂役の杉江大志、玲二役の柏木佑介、生島光哉役の野嵜豊のメインキャスト6人が登場。今回が舞台初主演の石黒は「本当に雰囲気がいいカンパニーで、毎日稽古してても、時間があっという間に過ぎてしまう、そんな空間でして、自分自身、もっとみんなで上手くなる自信があります」とコメントした。

入来は「観にきてくださった女性のお客様がアリスを通して、私だったらこの人かなというか、ドキドキ感を一緒に味わってもらえたらうれしいなと思います。先週、演出のキムラさんが、入来が演じるアリスを芝居中でそれぞれのキャラクターが本気で落としに行こうとおっしゃっていたので、皆さんそれぞれのセンスになると思いますが(笑)、皆さんがどうアリスを落としに来てくれるのかがとても楽しみです」と期待を語った。

また「もし入来を落とすとしたら?」という質問に対して石黒は「とりあえず焼酎から攻めるかな」、秋元は「僕は手料理を施す」、杉江は「おいしい食べ物をいっぱい持っていきます」、柏木は「ご飯にいっぱい連れていきますね。宝石なんかよりもおいしいご飯だと思うので」、野嵜は「デートに何度か誘います。散歩とか……。お花畑に」と、それぞれ答えた。

秋元は、「水城せとな先生の原作では、『黒薔薇アリス』が初めての舞台化ということで、それに意味があって僕たちがやらせていただいているなと思います。ヴァンパイアという非日常的な題材ですが、そこにある生々しい人間模様をすごく大事に、僕らが必死に演じていますので、ぜひ劇場にお越しいただけたらうれしいです」と観客に来場を呼びかける。

入来は「人間とヴァンパイアたちという、一見ファンタジーも入ったような非現実の世界なんですが、女の子にとって恋愛はきれいになれる材料だったりするし、切ないときもあるけれど、誰かを愛するというのはとても素敵なことだと思うので、観に来ていただいたお客様にも一緒に楽しんでいただけたらいいなと思います」とコメント。石黒は「『黒薔薇アリス』しか出せない色、『黒薔薇アリス』でしか表現できない愛が、この舞台にはたくさん詰まっています。ぜひ劇場にお越しください。僕たちもみんな待ってます」と意気込みを語った。公演は5月21日まで、東京・Zeppブルーシアター六本木にて。

舞台「黒薔薇アリス」

2017年5月12日(金)~21日(日)
東京都 Zeppブルーシアター六本木

原作:水城せとな「黒薔薇アリス」(小学館)
脚本:赤澤ムック
演出:キムラ真

キャスト

ディミトリ・レヴァンドフスキ:石黒英雄
アリス / アニエスカ:入来茉里
レオ:秋元龍太朗
櫂:杉江大志
玲二:柏木佑介
生島光哉:野嵜豊
菊川梓:蜂谷晏海
あかね:藤原亜紀乃
鳴沢瞳子:名塚佳織

(c)水城せとな/「黒薔薇アリス」小学館フラワーコミックスα/舞台「黒薔薇アリス」製作委員会

ステージナタリーをフォロー