ステージナタリー

杉本博司が構成・演出・美術、杉本文楽の新作に「女殺油地獄」

173

「杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り」2014年3月東京・大阪公演より。(Photo : Hajime Watanabe/ Courtesy of Odawara Art Foundation)

「杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り」2014年3月東京・大阪公演より。(Photo : Hajime Watanabe/ Courtesy of Odawara Art Foundation)

現代美術作家の杉本博司が構成・演出・美術を手がける杉本文楽の2作目「女殺油地獄」が、8月11日から13日まで、東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。

本作は、近松門左衛門の「女殺油地獄 下之巻」を原作に、その名場面だけを部分的に上演する、見取り狂言。「口上」で人形の近松門左衛門が挨拶したのち、「序曲」では三味線曲の演奏、「下之巻 ・豊島屋」の「前」では素浄瑠璃、「奥」では人形浄瑠璃にて原作の作品世界を描き出す。人間国宝・鶴澤清治の新作曲による「序曲」「下之巻・豊島屋」を堪能しよう。チケットは6月10日に一般販売を開始。

「杉本文楽 女殺油地獄」

2017年8月11日(金)~13日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

構成・演出・美術:杉本博司
作曲・演出:鶴澤清治
振付:山村友五郎

出演

太夫:竹本千歳太夫、豊竹呂勢太夫、豊竹靖太夫
三味線:鶴澤清治、鶴澤藤蔵、鶴澤清志郎、鶴澤清馗
人形:吉田幸助、吉田玉佳、吉田一輔 / 桐竹紋臣、吉田玉勢、吉田玉翔、吉田玉誉 / 吉田玉彦、吉田玉路、吉田玉延、吉田簑悠
囃子:望月太明蔵社中

ステージナタリーをフォロー