ステージナタリー

よりアクロバティックに「LOVE ON THE FLOOR」まもなく開幕、全米ツアーも決定

599

木下グループ presents「LOVE ON THE FLOOR 2017」公開稽古より。高橋大輔。(撮影:田中聖太郎写真事務所)

木下グループ presents「LOVE ON THE FLOOR 2017」公開稽古より。高橋大輔。(撮影:田中聖太郎写真事務所)

6月16日に開幕する「LOVE ON THE FLOOR 2017」の公開稽古が、本日6月12日に神奈川県内で行われた。

昨年2016年に初演された「LOVE ON THE FLOOR」は、「ときめき」「情熱」「とまどい」「嫉妬」「無償の愛」といった“愛”が持つさまざまな側面を表現するダンスショー。2017年版では、構成・演出を手がけるシェリル・バークと高橋大輔がW主演を務める。

稽古場では2場面を公開。1曲目は、高橋が「オープニングナンバーで、士気を高めて欲しいと言われているので非常にプレッシャーかかります。あまり僕らしくないナンバーで新鮮に思ってもらえると思うので、ぜひ注目してほしい」と紹介する「Glory」。少し日に焼けて精悍になった高橋は、情感たっぷりに裸足で伸びやかなダンスを披露し、続く「The first date」のナンバーではシェリルを中心にした男女の駆け引きを、明るく軽やかに繰り広げた。

稽古後に行われた囲み取材には、シェリルと高橋が出席。構成・演出を務めるシェリルは「大輔は踊るために生まれてきた素晴らしいダンサー。昨年より2人のダンサーが増え、さらにパワーアップしました。新しい要素もたくさん加わっていますので、まったく違う作品だと思っていただけると思います。作品全体のクオリティも高くなったので期待してほしい」とアピールする。

一方、高橋は「シェリルの新しいナンバーは心に響いて素晴らしく、リハーサルを見て皆で泣いてしまうほど。同じストーリーではありますが、昨年より進化していて、また違った感覚を受けられると思います」と見どころを明かし、自身の演技については「力強さを表現してほしいと言われています。よりアクロバティックになった『Experimentation(実験)』のナンバーでは、僕が投げ飛ばされたり、回されたり。僕自身の気持ちが上がるポイントなので、ぜひ楽しみにしてほしいです!」と期待を煽った。

さらにこのたび5週間にわたる全米ツアーが決定。これについてシェリルは「皆様のおかげで10年来夢見ていたショーが現実になってうれしい。日本で盛り上げていただいた勢いを、アメリカだけでなく、世界中に広めていきたい」と意気込み、高橋は「全米ツアーのきっかけとなる日本公演に立ち会えたことがとても喜ばしいこと。『LOVE ON THE FLOOR』の裾野がどんどん広がっていくことが自分のことのようにうれしい」と喜びを語った。日本での公演は6月16日から25日まで東京・東急シアターオーブにて。

木下グループ presents「LOVE ON THE FLOOR 2017」

2017年6月16日(金)~25日(日)
東京都 東急シアターオーブ

構成・演出:シェリル・バーク
出演:シェリル・バーク、高橋大輔 / クリスティ・ヤマグチ、メリル・デイヴィス、チャーリー・ホワイト ほか

※高橋大輔の「高」ははしごだかが正式表記。

ステージナタリーをフォロー