ステージナタリー

「怪談 牡丹燈籠」が本日開幕、森新太郎「極限まで暗闇にこだわりたい」

74

オフィスコットーネプロデュース「怪談 牡丹燈籠」より。

オフィスコットーネプロデュース「怪談 牡丹燈籠」より。

オフィスコットーネプロデュース「怪談 牡丹燈籠」が本日7月14日に開幕。演出を手がける森新太郎が意気込みを語った。

上演に際し森は、「極限まで暗闇にこだわりたい」と言い、「『本当に怖いのは人間なのでは?』そういうものをぜひ観て、体感して頂きたい」と自信をのぞかせている。

三遊亭円朝の原作をもとに、フジノサツコが脚本を執筆、森新太郎が演出を手がける本作。出演者には柳下大山本亨、西尾友樹、太田緑ロランス松本紀保青山勝松金よね子らが名を連ねている。公演は7月30日まで、東京都・すみだパークスタジオ倉にて。

森新太郎コメント

「人がそこにいると皮膚で伝わってくる感覚は、すみだパークスタジオ倉だから出来る演出です。極限まで暗闇にこだわりたい。単なる幽霊話ではなく、『本当に怖いのは人間なのでは?』そういうものをぜひ観て、体感して頂きたい」と語る。
新しい『怪談 牡丹燈籠』の開幕です。

オフィスコットーネプロデュース「怪談 牡丹燈籠」

2017年7月14日(金)~30日(日)
東京都 すみだパークスタジオ倉

原作:三遊亭円朝 
脚本:フジノサツコ 
演出:森新太郎
出演:柳下大山本亨、西尾友樹、太田緑ロランス松本紀保青山勝松金よね子

ステージナタリーをフォロー