ステージナタリー

10周年のTCアルプ、初のオリジナル長編「土砂降りボードビル」に挑戦

89

TCアルプの新作公演「土砂降りボードビル」が、10月25日から11月5日に長野・mm(ミリメートル)で上演される。

2007年に長野のまつもと市民芸術館芸術監督・串田和美の呼びかけで結成されたカンパニー・TCアルプが、結成10周年にして初のオリジナル長編に挑む。メンバーが作・演出を担当し、雨から生まれた物語を、可笑しくもメランコリックな軽演劇(ボードビル)に仕立て上げる。

出演にはTCアルプの近藤隼、武居卓、細川貴司、下地尚子、深沢豊、草光純太のほか、文学座の内堀律子や、加賀凪、齋藤結衣が加わる。

TCアルプ「土砂降りボードビル」

2017年10月25日(水)~11月5日(日)
長野県 mm(松本市大手2-2-5)

作・演出:TCアルプ
企画:串田和美
出演:近藤隼、武居卓、細川貴司、下地尚子、深沢豊、内堀律子、加賀凪、草光純太、齋藤結衣

ステージナタリーをフォロー