ステージナタリー

「ビリー・エリオット」上演100回達成、山城力「がんばって来れてよかった」

347

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」キャスト

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」キャスト

7月25日に開幕したミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」が、10月20日に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演回数100回を達成した。

100回達成を記念したスペシャルカーテンコールには、ビリー役の1人である山城力、お父さん役の益岡徹、ウィルキンソン先生役の島田歌穂、おばあちゃん役の久野綾希子、トニー役の中河内雅貴、オールダービリー役の大貫勇輔、マイケル役の古賀瑠が登場。

観客からキャストに向け盛大な拍手が送られると、MBSの情報番組「せやねん!」より、司会のトミーズ雅がお祝いにかけつけ、山城に花束を贈呈した。トミーズ雅は「本当に感動しました。生きてて本当に良かったなと思いました」と興奮冷めやらぬ様子。

当初はトールボーイ役として発表され、5月にビリー役に抜擢された山城は「僕は去年までダンスも未経験で12月の最終オーディションでも1度落選してしまいましたが、その後チャンスをいただき毎日がんばって来れてよかったです! そして100回目の舞台に立てていることが本当にうれしいです! ありがとうございました!」と挨拶した。

益岡は「キャスト、スタッフ1人ひとりの力があり、100回公演を迎えることができました」と感謝の気持ちを述べる。島田は「この舞台はこの瞬間、この期間でなければビリーたちの姿を見れないのだなと感じており、奇跡の舞台に立たせていただいています。残りの公演も見守ってください」と観客に呼びかけた。大阪公演は11月4日まで。

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」

2017年7月25日(火)~10月1日(日)※公演終了
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2017年10月15日(日)~11月4日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

ロンドンオリジナル・クリエイティブスタッフ
脚本・歌詞:リー・ホール
演出:スティーヴン・ダルドリー
音楽:エルトン・ジョン
振付:ピーター・ダーリング

日本公演スタッフ
翻訳:常田景子
訳詞:高橋亜子

出演

加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力 / 吉田鋼太郎益岡徹 / 柚希礼音島田歌穂 / 久野綾希子根岸季衣 / 藤岡正明中河内雅貴 / 小林正寛 / 栗山廉、大貫勇輔 ほか

ステージナタリーをフォロー