ステージナタリー

座・ALISA第1弾「天国と地獄」、観月ありさ「由樹さんと一緒に踊りたい」

55

座・ALISA Reading Concert 喜歌劇「天国と地獄」オッフェンバック原作より「『12月25日、雪』~天国と地獄~」製作発表より。左から観月ありさ、松下由樹。

座・ALISA Reading Concert 喜歌劇「天国と地獄」オッフェンバック原作より「『12月25日、雪』~天国と地獄~」製作発表より。左から観月ありさ、松下由樹。

観月ありさがプロデュースする座・ALISAのリーディングコンサート「『12月25日、雪』~天国と地獄~」の製作発表が11月22日に東京都内で行われ、観月と松下由樹が登壇した。

本作は、作曲家のジャック・オッフェンバックが手がけた喜歌劇「天国と地獄」が原作のリーディングコンサート。人気テレビドラマ「ナースのお仕事」でコンビを組んだ観月と松下が共演することも注目を集めている。

会見冒頭で観月は「何かをプロデュースしたいとずっと思っていました。お芝居も歌もコンスタントにやってきたので、両方兼ね備えたステージができないかなあと思っていました」とプロジェクトの立ち上げについて説明。また「リーディングという形でお芝居を表現します。また、コンサートとありますので今まで歌ってきた(自分の)歌をお芝居に合わせて歌います」と作品の構想を語った。

共演の松下について、観月が「いつも引っ張ってもらっている。心強い先輩です」と紹介すると、松下も「どんなリーディングコンサートができるのだろうと、ワクワクした気持ちで待ちわびています」と続け、「今までは(ドラマ「ナースのお仕事」での)先輩後輩というイメージが強かったかと思います。今回はドラマチックな作品になっていると思いますので、また新たな一面を見ていただけたら」と期待をあおる。さらに観月が「舞台で由樹さんに踊ってもらったりもします。由樹さんと一緒に踊りたいです!」と語ると、松下は「初耳なんですけど……」と驚きつつ「でも、ありさちゃんの公演が成功するように、できる限り挑戦したいです」と笑顔で答えた。

また会見ではレスリー・キーが撮影したモノトーンのポスタービジュアルも公開された。公演は12月11日から13日まで東京・天王洲 銀河劇場、12月20・21日に大阪・サンケイホールブリーゼにて。出演者には観月、松下のほかA.B.C-Zの五関晃一、コング桑田佐藤永典が名を連ねている。

座・ALISA Reading Concert 喜歌劇「天国と地獄」オッフェンバック原作より「『12月25日、雪』~天国と地獄~」

2017年12月11日(月)~13日(水)
東京都 天王洲 銀河劇場

2017年12月20日(水)・21日(木)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

原作:ジャック・オッフェンバック 喜歌劇「天国と地獄」
台本・演出:モトイキシゲキ
音楽監督:鎌田雅人
振付:五関晃一

出演:観月ありさ松下由樹、五関晃一(A.B.C-Z)、コング桑田佐藤永典

ステージナタリーをフォロー